おすすめ
ワイヤーフレーム
作成ツールで、
webサイトの制作

Lucidchart は、図の作成、データの視覚化とコラボレーションを組み合わせ、よりよい理解の促進とイノベーションの加速につなげるビジュアルワークスペースです。 

動画を見る
ワイヤーフレームの作成
Lucidchartのワイヤーフレーム ツールでwebサイトを設計

Lucidchartのワイヤーフレームツールでweb設計を楽々に

  • ワイヤーフレーム ツールでEcommerceサイトの設計

    簡単操作でワイヤーフレーム を素早く作成

    Lucidchartのワイヤーフレーム を使用すれば、サイト構成や情報をいつでも視覚化しながら設計を進めていくことができます。使いやすいインターフェースが特長のLucidchartなら、ただ図形をドラッグ&ドロップするだけでサイトの基礎デザイン、モバイル、タブレットやウェブサイトのワイヤーフレームの各セクションや構成要素の配置も簡単。プロのUXデザイナーやUIデザインの際にも活用できるワイヤーフレーム 専用の図形も豊富に提供しています。

  • ワイヤーフレーム をプレゼンモードで公開

    ワイヤーフレームを
関係者とのシェア、クライエントへのプレゼンや共有も簡単

    LucidchartのWebワイヤーフレーム ツールならオンラインでいつでもどこからでも他のユーザーやクライアントより意見やフィードバッグをオンライン上で確認ができます。更に、Googleやマイクロソフトとの連携サービスにより、完成したワイヤーフレーム を実際にPPTファイルやGoogle Slideとして、ダウンロードしたり、実際にLucidchart上でプレゼンテーションモードを利用すれば、即に完成したワイヤーフレーム を公開することもできます。

  • webサイト設計図専用図形ライブラリ

    豊富なワイヤーフレーム ・webサイト設計図専用図形

    
UX・UIには欠かせない全てのワイヤーフレームやスマホモックアップ専用図形をLucidchartでは豊富に提供しております。Lucidchartのクラウド上ワイヤーフレーム 作成ツールを使えば、もちろんマルチカラムやフルスクリーンワイヤーフレーム 、サイドバーなど実際にサイト構成の際にwebサイト基礎を作成する事を実現させます。もちろん、プロジェクトメンバー同士でリアルタイム共同編集機能を使用すれば、より効率的にサイトの情報処理を進めていくことが出来ます。

  • ワイヤーフレーム テンプレートを使用する

    ウェブページ、ユーザーフローやアプリのテンプレート

    Lucidchart のテンプレートギャラリーを活用すれば、作りたいワイヤーフレームのヒントを得てすばやく作成することができます。デスクトップ、モバイルやタブレット向けのサイズやスタイルが設定されたランディングページ、ユーザーフローやアプリなどのワイヤーフレームテンプレートを使って時間を節約。また、価格設定ページ、eコマースのフロー、新規登録ページやホームページなどのテンプレートを使用して、事業内容に合わせてカスタマイズすることもできます。

Lucidchart でワイヤーフレームをデザインする5のポイントとステップ

1

サイト設計図に必要な投稿する情報やアイデアを整理

まずは、ワイヤーフレームを使って作成したい内容を明確に決めます。ワイヤーフレーム ・サイト設計図を設計する際に、デザインの詳細よりも、ユーザーエクスペリエンスの構成要素や機能をいつも重視する事がオススメです。

2

ワイヤーフレーム 専用図形ライブラリを有効化する

Android、iOS、UI モックアップなど、使用したい図形ライブラリを選択したり、モバイルまたはデスクトップ向けのワイヤーフレームテンプレートから作成を開始する。

3

ワイヤーフレームのレイアウト にサイドバーやマルチカラム等を追加していく

サイト情報等をワイヤーフレーム に埋め込んでいく際に必ず、電話番号や、SNSのリンク、コンタクト情報、住所等ビジネスに必ず必要な記入情報をサイドバーなどに記入集ていきましょう。

4

競合サイトのUI・UXデザイン・機能性を比較する

ワイヤーフレーム はデザインやスタイルではなく、ユーザビリティや機能性を一番重視していくことが重要ですので、他のサイトを比較しながら、どの様にユーザーが各ページを移動するかなどのユーザー体験を他のサイトと比較することをオススメします。

5

サイト訪問者を重視してワイヤーフレーム を設計する

ワイヤーフレーム を作成する際に最も重要なポイントは、処理・整理したサイト情報等をどの様に訪問者に公表するのかを考えた上で、ワイヤーフレーム 作成を進めていくと、情報表示がより楽になります。

ワイヤーフレームを作成

Lucidchartワイヤーフレーム 作成ツールに関するFAQ

Lucidchartでwebサイト設計をより効率的に実現させよう

Lucidchart でワイヤーフレームを設計する

180か国に1,500万人を超えるユーザー

「 各部署内では、仕様書をAtlassianのConfluence wikiを使って作成し、プロジェクトのメンバーと共有しています。広告プラットフォーム部のプロダクトマネージャーは、そこにLucidchart を利用して図形式の仕様を共有しています。共有された仕様は開発者に参照され、あるいは販促資料作成の参考資料になります。仕様を共有する際、Lucidchartは全体の仕様と 同時に表示することができます。」

Capterra rating

星評価4.5/5、レビュー650件以上

Amazon logoAdobe logoDocuSign logoCisco logoGoogle logoRedhat logo

テンプレートよりワイヤーフレームを作成する

Eコマースページのフローを表示したワイヤーフレーム テンプレート

Eコマースワイヤーフレーム