オンラインUML図作成ツール

UML 図作成ツールにはオートフィル機能と図形ライブラリが備わっているため、どのような UML 図を作成するにしても、すぐに作図を開始できます。

UML図を作成スタート

または以下の方法で続行

Google でサインインサインインMicrosoft でサインインサインインSlack でサインインサインイン

世界中の数百万人ものユーザーが Lucidchart を選ぶ理由をご覧ください。

  • Atlassian logo
  • Slack logo
  • Microsoft logo
  • NBC logo
  • Venmo logo
  • Google logo

簡単で直感的なUML図

Lucidchart を使用すると、UML図をすぐに作成できます。

多彩な図表作成

Lucidchart は、構造図と行動図など、あらゆる種類の UML 図の作成をサポートしています。どのようなプロジェクトでも、Lucidchart で最適な図を作成できます。

図形ライブラリ内蔵

Lucidchart の図形ライブラリには、UMLの作図に必要なものが含まれています。UML図作成ツールを使用すると、図をプロフェッショナルに見せることができ、ベストプラクティスを考慮しながら作図できます。

UMLシーケンスマークアップツール

Lucidchart の UML マークアップツールを使用すれば、UML シーケンス図の作図プロセスが合理化され、シーケンスマークアップツールに入力したテキストからシーケンス図を自動生成できます。

開発者チームに最適

UML図を作成しているのは、ほとんどの場合、ソフトウェア開発者、ソフトウェアエンジニア、データサイエンティストです。しかし、UML図は内部文書以外でも有用です。Lucidchart で作成した UML図を、技術職以外の関係者と共有すると、現在の進捗状況をわかりやすく伝えることができます。

今すぐ共同作業、プレゼンテーション、共有できます

Lucidchart を使用すれば、リアルタイムでチームと UML図上で共同作業できます。準備ができたら、Lucidchart で作成したものを表示することも、Confluence や Jira などの人気のアプリで共有することも可能です。

いつでもどこでも利用可能

Lucidchart の UML図作成ツールはクラウドベースであるため、デバイス、ブラウザ、OSを選ばず、どこからでもUML 図を作成、保存し、図上で共同作業できます。

安全でプライベート

お客様のセキュリティは当社の最優先事項です。Lucid は、PCI、プライバシーシールド、SOC 2 などのコンプライアンス認証を維持しています。

Lucidのセキュリティを確認する

ユーザーに信頼され、愛用されるツール

実際に、Lucidchart についてユーザーが何と言っているかをご覧ください。TrustRadius、Capterra、G2 などのサードパーティアプリでは、Lucidchart を5つ星評価するレビューが数千件もあります。

Lucidchart ならUML図を数分で作成できます

  • インポートする場合も、最初から作成する場合も、テンプレートを使用する場合も、始めてでも文書を作成できます。
  • プロフェッショナルなUML図を作成し、複雑なシステムを視覚化しましょう。
  • UMLシーケンスマークアップツールを使用すれば、時間を節約できます。
  • Lucidchart のUML図形ライブラリを使用すれば、業界標準のUML図形にアクセスできます。
  • 作成したUML図をチーム内で共有し、コラボレーションを開始しましょう
UML 図の作成スタート

UML図のテンプレートと例

ギャラリーのテンプレートを使用して、UML図の作成を始めましょう。

UML クラス図

UML クラス図

Lucidchart インテグレーションアプリ

Lucidchart をお気に入りの主要アプリすべてに接続。

Lucidchart Integrations

Lucidchart がチームに選ばれる理由をチェック

作図、データの視覚化、コラボレーションをすべて1つのプラットフォームで完結。

共同編集

デバイスを選ばず手軽に使える Lucidchart は、チームが世界中のどこからでもリアルタイムでコラボレーションできるよう支援します。生産性を高めながら、チームで協力して目標達成につなげられます。

明確に理解

Lucidchart を使えば、複雑な問題も明確に。インテリジェントな作図機能で、プロジェクトとプロセスを最初から最後まですばやく視覚化できます。

位置合わせ

同じスペースでのコラボレーションでチームの連携を促進。プロセスとアイデアをリアルタイムで一緒にスピーディに計画して、勢いを保ちましょう。

ソリューションを組み合わせてさらに活用

Lucid ビジュアルコラボレーションスイートは、アイデア出しからプロジェクトの完了まで、作業の方法を一新します。Lucidspark でブレインストーミングと計画立案、その後は Lucidchart でマッピングすれば、組織の真の姿を描き出す設計図を作成できます。

UML図とは?

統一モデリング言語(UML)図は、システムの構造、システム内のオブジェクト、およびそれらすべてがどのように動作するかを説明するものです。UML図にはさまざまな種類がありますが、構造図と行動図という2つの大きなカテゴリに分類されます。

UML図の書き方

  1. UML図形ライブラリを有効にする

    Lucidchart で図形マネージャーを開き、UML ライブラリを選択します。このライブラリには、すべての UML 図形、記号、表記法が含まれています。

  2. シーケンスマークアップを使用してプロセスを自動化する

    UML図の作成プロセスをスピードアップするには、ツールバーの「UMLシーケンス」カテゴリで「マークアップを使用」をクリックし、使用するマークアップを入力して「作成」をクリックします。

  3. UML構成要素の特定と追加

    何もないキャンバスに図形をドラッグ・アンド・ドロップして、UML図の作成を開始します。矢印で図形を接続し、関連とフローを指定します。

  4. UML図にテキストを追加する

    ユースケース、フロー、アクターにラベルを付けて配置し、その目的を明確に伝えます。

  5. 公開と共有

    UML図を他のチームや関係者と共有します。Wikiに図を埋め込んだり、メールで送信したりできるほか、Jira、Confluence や Slack などの人気アプリに連携させて共有することも可能です。

UML 図に関するよくある質問

利用開始

  • 料金プラン
  • 個人向けプラン
  • チームプラン

  • 企業向けプラン
  • 営業担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー
  • linkedin
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • glassdoor

© 2024 Lucid Software Inc.